積み重ねるとは自ずから「ここは勝てる」と考え付いた感覚

現実にコンピュータの画面の前で、止まることなく上下しているマーケットを見ると、何となく注文をせずにはいられなくなるという感情が沸き起こる事も少なくありません。ロコシャイン

しかし、ぼんやりした勘で注文することは避ける必要があります。脱毛サロンRINRIN(リンリン)

確かに、相場は24時間、どこかの市場が動いているし、レートもいかなる時でも、上がったり下がったりします。かに本舗 評判

しかし、何度も売買を積み重ねるとその分損失が生じる確率が増します。背中ニキビ 原因

言うまでもなく、売買の数を重ねることによって、じょじょに勝つ確率が五分五分になります。エルシーノ

しかしそれは「ぼんやりとした直感で売り買い」してしまうこととは話が異なります。仕事を辞めたい人への転職支援サイト

トレード回数を積み重ねるとは自ずから「ここは勝てる」と考え付いた感覚を得たところでの売買回数を増やすという事です。妊活 コウノトリ

ただ何となく、次々と注文を積むのとは明らかに違います。ヒメカノ 無料

マーケットの戦いに立ち向かうためには、己で意識的にメリハリをつけることが大事です。

「ここだ!」と思った外国為替市場の時にはいっそのこと所有ポジションを多くして徹底的に利益を追求します。

「ちょっと頭をかかえる為替相場で、どう推移するのか読めないな」と感じた時は、潔く保持ポジションをひとつも残さないで見切りをつけて何もしない。

それぐらいのメリハリをつける方が、トレードは勝利します。

マーケットの金言には「休むも相場」というものがある。

文字通りその通り。

為替取引とはいつも売買ポジションを保持する事が全部ではなく、どの売買ポジションも保有せずじっと見ていることも場合によっては、外国為替相場です。

では、いつ休めばいいのでしょうか。

第1に言われるのが先述の通り、今の為替相場がしっかりとよく見えない時。

現状から高くなるのか安くなるのか判断できない時は、間違って判断すると、あなたの考えた脚本とは異なった方向に相場が推移してしまい損をする事になります。

だから、こうした場面ではポジションを閉じそのまま何もしないで様子を見ているのが最良の方法です。

次に、自分自身の体の状態が変なときです。

体の状態と為替相場に影響ないと思う人もいるでしょうが実際にはかなり関係があります。

体の調子が変な時は、外国為替市場のミスできないところで、冷静な決定をする事ができません。

やる気がわかない時は、FXから距離を置くことも肝心な事です。

コンテンツメニュー

    Link