www.yorokobi-kokoro.com

考えもせずに急に起こってしまうのが車の事故です。その状況でどのように行動するかにより、自動車保険料の受け取り額も相当変わってくる場面も想像されますので正確な判断力と対応が不可欠です。予想外の状況に出会って慌ててしまえば大切な対処を見逃してしまい、自らが大きな損をする場面も想像できるので自動車の事故を起こした場合には以下の処理を行います。自動車の事故の遭遇した時にまずする必要があるのは怪我人がいるかどうかの確認です。乗用車の事故後すぐは訳が分からず何も出来ない状態になってしまうケースがあり直ちに対応できないのが普通です。その場合、負傷した人がいたとしたら危険じゃない場所へ移動してからできる限りの処置をし119番通報する等要救助者の優先に努めることが重要です。119番通報する場合には的確な事故があった場所を告げて、不確かな場合には付近の目立つ建物や地点を連絡しその位置が分かるようにします。その後に警察へ知らせ自動車の事故を起こしてしまった事また簡単な状況を告げます。救急車と警察が来るのを待つ内に事故相手の事を聞きます。氏名、住所、連絡先、免許ナンバープレート、事故相手の自動車保険会社のような自分だけでなく相手の内容を言います。この場面で事故の相手方に過失がある場合には即刻やり取りしようとする場合が考えれますがその場で処理するのではなくどの場合でも110番や保険の会社に連絡して、きちんとチェックしてもらいます。各々の内容を教えあったら他の交通の障害にならないように障害となる物を道路からどかします。もし妨げになった物が他の妨げになっている場合は、情報を交換するより先にそれを終わらせてしまっても大丈夫です。その後自分が車の保険会社に連絡を入れて、事故が起きた事を知らせます。自動車の事故から特定期間の間に保険会社に連絡を入れないと、自動車の保険の適用除外となるケースもあるので可能な限りすぐに連絡することが大切です。可能ならば事故内容の様子として、タブレットで現場やマイカーの破損の様子を見ることができる写真を写しておきます。これは過失割合を決める時にかなり重要な証明となりますので自らのクルマや相手方の自動車の破損箇所をしっかりと証拠に残しておいてください。その際に目撃した人がいたとしたら警察の方や保険会社が到着するまでその場所に待っていて頂けるように求めることも忘れてはいけません。

コンテンツメニュー