www.yorokobi-kokoro.com

この度は為替市場における本質的要素に携わるお話をしたいと思います。為替というものは「人の手で現金の送金をなすことなく資金の受け渡しの目的を遂げるやり取り」なのです。為替というのはたいてい国際為替について示すケースが大半です。国際の為替を簡潔に説明すると国同士のお金の取り替えのことを示します。海外旅行(スペイン、韓国、マレーシア、米国)を以前にしていれば、おそらく為替の取引をしたことがあるでしょう。近所の銀行に行って旅行先の国の金銭へと取り替えをしたのであれば、それこそが国際為替です。為替の相場というのは買おうと思っている人と売りたいと思う人の金額を示したものです。銀行と銀行の間での取引の結果決定されるものです。それはマーケットメイカーと言う世界中の複数の銀行です。為替レートは種々の働きかけを受けつつもなお休まずにいつでも変わって行きます。為替の相場を変化させる動因になるのはファンダメンタルズというものが考えられます。ファンダメンタルズというのは経済の動き、経済の基盤やいろいろな要因のことを指すものです。国ごとの経済成長や経済指数、物価の水準、金融政策、経常収支、無就業者数、有力者の発言等の事柄が関係して為替は変化して行きます。この中でも国際収支統計や失業者数は重要ポイントと言われます。外国取引の収支とは何か日本の組織でいう財務省からの指令で日本銀行が貿易の統計を叩き台として取りまとめた異国とのある日数の経済上のやり取りを記載したものです。これは行政機関や日本銀行のHPの中で確認することができます。就業者の統計・失業者数もチェックされるケースが多い理由であります。ことに米国雇用統計はポイントとなります。月に一回公表され調査のねらいがワイドなところがポイントです。為替の相場の動向は各国の経済の動向なのです。国の経済の変動を見極めることにより為替のレートの状況の見極めが可能であると言う結論です。

コンテンツメニュー